外資系企業は上司と部下の関係がフレンドリー

フレンドリーな関係で働きやすい

日本の企業の上司と部下の関係は軍隊のようなものがあり、部下が上司に対してフレンドリーに接するのは許されないというところも少なくありません。これが外資系であれば上司だからといって媚びへつらったりゴマをすったりする必要はなく、人間として対等にフレンドリーに接する事ができるため働きやすい環境にあります。日本の企業のように常に上司の顔色をうかがって、ご機嫌を取るようなことをしなくて済むので仕事もしやすく人間づきあいもしやすいのが魅力です。変に気遣いをする必要もなく仕事で結果を残してさえいればいいので、仕事以外の部分で上司を持ち上げて自分の評価を高めるといった、面倒な付き合いもないところが外資系の特徴になります。

仕事に対してはシビア

外資系の上司と部下の関係は人間としての付き合いはフレンドリーで楽なものですが、仕事に対してはシビアなのでその変は忘れないようにしましょう。上司の命令は絶対ですから、仕事は仕事それ以外の部分はそれ以外と分けて考える必要があります。ゴマをすったりご機嫌取りをする必要はありませんが、仕事の上では上司が働きやすいように動いたり何をしてほしいのかを理解しなければなりません。簡単に言えば仕事ができることを求められますから、仕事ができない人がプライベートな付き合いでカバーはできないと思っておく必要があります。このように外資系は能力がある人にとっては風通しがよく働きやすい環境である一方で、力がなければそれ以外のところでカバーができない厳しさもあるのです。

© Copyright Global And Foreign Companies. All Rights Reserved.