外資系企業の方が待遇が良い可能性大

国内企業よりも外資系企業の方が、劇的な成長を遂げています。中国系や韓国系、米国系の企業に転身した方が同じ職種と働き方でも、給与や待遇が大幅に良くなる可能性が高いです。特にインバウンドやIT関連、ECビジネス関連の外資系企業はこれからの成長産業です。

国内企業よりも外資系企業の方が成長しています

外資系企業は、国内企業よりも個々の社員の能力や成果を重視するところが多く、年齢が若い人や経験が浅い人でも高収入を得られるチャンスがあります。社員の平均年齢が若い外資系企業では、20代後半から30代…

Read More

同じ働き方や職種でも外資系企業の方が年収が良く、待遇が良い可能性

外資系企業は、日本企業のように年功序列という考え方が一切ありません。日本企業の場合は、いくら仕事で成果を出せたとしても年齢のせいで、なかなか昇給せず役職もあがらずで仕事に対してやりがいを抱かなくな…

Read More

インバウンドやIT、EC関連の分野は特に外資系企業の得意分野です

将来性がある外資系企業の事業内容を把握しよう

外資系企業では、国や地域にかかわらず世界的に需要が高まっている事業を重点的に展開しているところが少なくありません。たとえば、インバウンド観光客をターゲットとした宿泊サイトの運営やチケットの代行販売サービスなどに力を入れている外資系企業は、海外からの旅行客の増加に伴い今後も高収益が見込まれています。また、ITやEC関連の情報処理にかかわる事業も外資系企業の得意分野となっており、自社内でSEやPGなどの技術者を育成したり、スマホアプリや法人向けのシステム開発を行ったりしている企業が目立ちます。転職後に外資系企業の専門分野で能力や経験を発揮したい人は、志望企業の採用試験に備えて、将来性のあるビジネスモデルや収益の伸び率などを自分なりに分析することが大切です。

日本企業の専門分野で実績を残した人は外資系でも重宝されやすい

日本企業のマーケティングやIT、企画などの専門分野で実績を残した人は、外資系企業に転職をした後も重宝されることがあります。たとえば、日本各地に多くのオフィスを構える外資系企業においては、英語だけでなく日本語でコミュニケーションが取れる人や、日本企業での実務経験が豊富な人を積極採用する動きが見られます。そうした中、専門分野を中心に仕事に取り組みたい場合には、様々な業界の外資系企業の中でも、技術系の社員の給料や手当の金額が高いところや、職種ごとの役割がハッキリと分かるところを選ぶことが大事です。なお、中途採用の社員数が多い外資系企業においては、過去の経験よりも採用後の仕事ぶりを高く評価する傾向があるため、職場選びの際に企業ごとの評価ポイントを確認すると良いでしょう。

>

外資系求人とはいったい何か

外資系企業の方が若者にとって働きやすい風土がある

国内企業特有の風土が合わない人は外資系企業に

転職を考えるときに、できる限りのびのびと働きたいという方や、上司との意見交換も遠慮なくできる会社で働くのならば、外資系に転職をするのも良いでしょう。外資系では若者でも年長者でも関係なく自由に発言の…

Read More

外資系企業は上司と部下の関係がフレンドリー

日本の企業の上司と部下の関係は軍隊のようなものがあり、部下が上司に対してフレンドリーに接するのは許されないというところも少なくありません。これが外資系であれば上司だからといって媚びへつらったりゴマ…

Read More

勤務スケジュールやファッションが自由、若い世代に嬉しい外資系企業の特徴

外資系企業の特徴の1つは、労働時間や休暇制度に対して自由度が高く、柔軟な勤務スケジュールで働けることです。これは実際外資系企業に勤める若い世代の中でも満足度の高い特徴です。日系企業と言うと、残業が…

Read More

© Copyright Global And Foreign Companies. All Rights Reserved.