国内企業よりも外資系企業の方が成長しています

業務中の評価がそのまま収入アップや昇進に結び付く企業が多い

外資系企業は、国内企業よりも個々の社員の能力や成果を重視するところが多く、年齢が若い人や経験が浅い人でも高収入を得られるチャンスがあります。社員の平均年齢が若い外資系企業では、20代後半から30代前半で課長や課長補佐などの役職に就けることもあり、能力に自信がある人にとって理想的な勤務先として捉えられています。そうした中、外資系企業に転職をしたスムーズに収入アップや昇進を目指したい場合には、各業界で成長している企業の採用ページをチェックして、社員の評価制度や各部署の人員、役割などを把握する必要があります。なお、中途採用者のキャリアアップのルートは、外資系企業の方針や職種などによって違いがあるため、転職活動中に疑問を解決しておきましょう。

子育て中の人やブランクがある人も能力次第で出世できる

多様な人材を受け入れている外資系企業では、正社員の経験が長い人だけでなく、子育て中の人やブランクがある人でも力を発揮しやすい環境が整っています。特に、産休や育休を申請しやすいところや、職場復帰後の支援が優れているところを転職先に選ぶことで、定年まで順調にキャリアアップを図ることができます。女性の社長や部長などの管理職が活躍している外資系企業の中には、様々な経歴を持つ20代から30代の女性の求職者の採用に積極的なところも多くあります。そうした中、性別や長期休暇などのハンデに悩むことなく仕事を続けるうえで、余裕を持って様々な業界で業績が上がっている外資系企業の事業内容や在職中の社員の仕事ぶりなどを比較することが大事です。

© Copyright Global And Foreign Companies. All Rights Reserved.