国内企業特有の風土が合わない人は外資系企業に

若い人でも自由に意見を言うことができる

転職を考えるときに、できる限りのびのびと働きたいという方や、上司との意見交換も遠慮なくできる会社で働くのならば、外資系に転職をするのも良いでしょう。外資系では若者でも年長者でも関係なく自由に発言の機会を与えられることが多いですから、日本のように年長者に忖度をしなければならなかったり、目上の人に対して発言するときは空気を読まなければならないなどの文化はありません。全ての社員が平等な立場であり、男尊女卑や年齢差別などがないのも外資系の特徴です。国内企業では上司に媚を売らなければ出世できない企業も少なくありませんが、完全実力主義でその人の能力だけが評価される外資系ならば、日本企業の文化が合わない方でも働くことが可能です。

年齢に関係なく出世が可能

実力主義を採用しつつある日本でも、勤続年数がある程度なければ企業内で出世することができないパターンは少なくありません。しかし外資系では働き始めてからスキルアップしていき、特定のポストの職務を遂行できると判断された場合には、とんとん拍子で出世することも不可能ではないのです。常に上昇志向を持ってできるだけスピード出世をしていきたい方でも、仕事を覚えて能力を高めていくことで、目標とするポジションに行くことができます。もちろん人をまとめるポジションに行くのは簡単ではありませんが、昇進するために年齢や勤続年数は関係なく、どれだけの能力があるかだけかがポイントですので、仕事ができる方ならば日本企業よりも早く出世することは可能です。

© Copyright Global And Foreign Companies. All Rights Reserved.